ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホーム ≫ 引きこもりがなぜ増えているのか ≫

大人の引きこもり相談は東京・埼玉に対応している【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ~引きこもりがなぜ増えているのか~

引きこもりが増えている要因~自己責任の社会~

引きこもりが増えている要因~自己責任の社会~

昔の日本では、ご近所や社会とのつながりが非常に強く感じられていました。例えば、お醤油が切れた時にご近所の方に分けてもらうなど「困った時はお互いさま」の精神で暮らしていました。

現在は「自己責任」という言葉をよく使うようになり、その考え方が現代社会の形となっています。先ほどのお醤油が切れた時の例を現代社会に当てはめると、ご近所に分けてもらいに行っても「自分が買うのを忘れたのなら、自己責任です。」と言われてドアを閉められてしまうでしょう。

自己責任の社会では、何事も自分で決めて行動することができる反面、他人を頼ることが難しいのです。そのため、挫折や失敗などが起こった際に誰も頼ることができず、自分の部屋が逃げ場所になってしまいます。

スマートフォンの所持率が非常に高く、ゲーム機でもインターネットを使える便利な時代になり、チャットやSNSを使って他人と交流することが可能です。インターネットがあれば情報収集や買い物ができるので、自室にいても生活で不自由を感じることは少ないかもしれません。だからこそ、引きこもりが続いてしまうのですが、引きこもりから抜け出し、社会で生きていくためには人とのかかわりを取り戻すことが必要です。

大人の引きこもり相談は東京・埼玉を対応エリアとする【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ~就職までをサポート~

大人の引きこもり相談は東京・埼玉を対応エリアとする【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ~就職までをサポート~

東京の引きこもり相談なら【清水竜志のひきこもり支援サービス】にご連絡ください。自身の二度の引きこもり体験をもとに、18~40歳くらいの大人の男性を対象に東京・埼玉で引きこもり相談に応える支援を行っています。

信頼関係を築きながら、就職・社会に踏み出す道のりを共に歩んでいきます。東京・埼玉にお住まいで、頼る人がいない・話せる人がいないという方は、【清水竜志のひきこもり支援サービス】までお気軽にご相談ください。引きこもり相談では、信頼関係から築いていきます。

東京・埼玉で引きこもりにお悩みなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ

東京で引きこもり相談を依頼するなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】

サイト名 清水竜志のひきこもり支援サービス
TEL 090-6103-6434
受付時間 24時間受付(火曜定休)
URL https://shimizu-ryuji.com/

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら