ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホーム ≫ 劣等感の種類 ≫

東京で大人の引きこもりの解決相談は【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ~劣等感の種類~

劣等感の3タイプ

劣等感の3タイプ

劣等感には、3つのタイプがあると言われています。

強い感情で劣等感を表現する人

嫉妬や妬みなどにより、自分より優れていると思う相手に対して激しく攻撃してしまいます。

優越感で劣等感を隠そうとする人

自分の優れている点を強調して自慢することで劣等感を隠そうとします。

ネガティブな感情で劣等感を表現する人

「どうせ私は可愛くないから」「僕なんて貧乏だから」など、あえて自分の評価を下げて劣等感を表現することで、他者から受けるダメージを軽減させようとします。

劣等感はどうして生まれる?~劣等感をバネに成長・自立を目指そう~

人は誰でも劣等感を抱えています。劣等感とは、何かと自分を比べて劣っていると感じることから生まれます。例えば、学校の成績が平均点以下だったとき、悔しさや恥ずかしさを感じたことはありませんか?それは平均点という基準と自分を比べてしまうからなのです。

しかし、劣等感を抱くことは悪いことばかりではありません。劣等感を抱くということは、目指したいものや憧れているものがあるということでもあります。その目標に向かって、しっかり進んでいけば劣等感を克服でき、自分を成長させるチャンスにもなります。

東京で大人の引きこもりにお悩みなら~信頼関係を築いていく訪問・支援で引きこもり解決を目指す~

東京で大人の引きこもりにお悩みなら~信頼関係を築いていく訪問・支援で引きこもり解決を目指す~

東京・埼玉で大人の引きこもり問題の解決策が必要でしたら、ぜひ【清水竜志のひきこもり支援サービス】までご連絡ください。

東京・埼玉で展開している【清水竜志のひきこもり支援サービス】は、引きこもりの大人が抱える劣等感の克服も目指したサポートを行っています。

まず、東京・埼玉のご自宅へ訪問し、信頼関係を築くところから始めていきます。そして、一つ一つ劣等感を克服するステップを踏みながら、大人としての自立まで進んでいくのです。また、引きこもりが一度解決しても、再び引きこもりに戻ってしまうことを防ぐため、支え合う仲間と共に人生を盛り上げる支援を続けていきます。

東京・埼玉で引きこもりにお悩みなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ

東京で大人の引きこもりに関することなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】

サイト名 清水竜志のひきこもり支援サービス
TEL 090-6103-6434
受付時間 24時間受付(火曜定休)
URL https://shimizu-ryuji.com/

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら