ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホーム ≫ 引きこもりと“コミュニケーション” ≫

大人で引きこもり脱却を目指したい方は埼玉・東京への訪問に対応している【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ~引きこもりと“コミュニケーション”~

埼玉で大人の引きこもり支援・訪問を行っている【清水竜志のひきこもり支援サービス】

【清水竜志のひきこもり支援サービス】は、東京・埼玉にお住まいの18歳~40歳の男性を対象に、大人の引きこもり支援を行っています。支援の際には東京・埼玉のご自宅に何度か訪問する中で親密な人間関係を築き、外の世界に興味を持てるように粘り強くかかわっていきます。

このようにかかわりを持つことを重視しているのは、引きこもりの大人にとって他者とのコミュニケーションが多くの意味で大切だと考えているためです。引きこもりから抜け出し、大人として自立した生活を送れるようサポートしていきますので、東京・埼玉で引きこもり脱却を目指したいという方は、お気軽に電話・メールにてお問い合わせください。

“コミュニケーション”とは何か?

“コミュニケーション”とは何か?

コミュニケーションとは、お互いに意思を示したり、受け取ったりすることをいいます。私たち人間は言葉で意思伝達を図りますが、その言葉を話しているときの表情やしぐさからも相手の意思は伝わってきます。

動物のように言葉が話せない生き物や赤ちゃんでも、その様子から意思を感じ取ることができます。そういった言葉ではない部分も、コミュニケーションの一つといえるでしょう。このコミュニケーション能力は、他者とかかわり、社会で生きぬくために必要なものです。また、引きこもりを脱却するためにも、コミュニケーションは重要なポイントとなります。

引きこもりにとって“コミュニケーション”が重要な理由~生きづらさがうつや体調を崩す原因にも~

引きこもりにとって“コミュニケーション”が重要な理由~生きづらさがうつや体調を崩す原因にも~

引きこもりの人は、自分の意思表示が苦手な傾向が強いです。さらに、引きこもりになりやすい人は、真面目さのあまり周りの人の評価を気にする傾向があります。

例えば、周りの人が少し咳払いをしたり、目をそらしたり、眉をひそめたりしただけで「嫌がられている」と感じてしまうこともあります。また、自分の意思を押し殺し、周りに合わせようとしすぎて負担になってしまうという方もいるでしょう。その結果、社会の中で生きることがつらくなり、引きこもったり、うつのように心の調子を崩したりすることがあります。

心のバランスを保つ、あるいはしっかりと意思表示をするためにも、相手はもちろん、自分自身と向き合ってコミュニケーションを取ることが、引きこもりから抜け出すためには大切なのです。

東京・埼玉で引きこもりにお悩みなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ

埼玉で大人の引きこもりに支援を行う【清水竜志のひきこもり支援サービス】

サイト名 清水竜志のひきこもり支援サービス
TEL 090-6103-6434
受付時間 24時間受付(火曜定休)
URL https://shimizu-ryuji.com/

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら