ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホーム ≫ うつ・引きこもりに大きく影響を与えるセロトニン ≫

東京で引きこもり支援のご相談なら【清水竜志のひきこもり支援サービス】~うつ・引きこもりに大きく影響を与えるセロトニン~

セロトニンとは?~セロトニン不足がうつの原因にも~

セロトニンとは?~セロトニン不足がうつの原因にも~

セロトニンとは心身を安定させる物質です。セロトニンが脳で十分に分泌されると、しっかりと目覚めることができ、適度にリラックスした状態を保つことができます。一方で、セロトニンが不足するとストレスを受けやすくなります。

セロトニンが十分に分泌されているときには平気だったストレスも、ネガティブに捉え、くよくよと思い悩んでしまうのです。さらに、疲れやすくなったり、寝つきが悪くなったりといった身体への影響も見られるようになります。セロトニンが不十分な状態はうつの原因にもなります。

引きこもりとセロトニンの関係

セロトニンは日光を浴びることで分泌が促されます。また、他者とのコミュニケーションでもセロトニンの分泌が促されます。よって、カーテンを閉ざした部屋に引きこもってしまうと、窓から日光を受けることができません。

他者とのコミュニケーションも減ってしまうので、セロトニンの分泌がさらに不十分となります。つまり、引きこもりになるとセロトニンが不足してしまい、ネガティブ思考になったり、疲れやすさや不眠に悩まされたり、外出するハードルが上がってしまいます。

気持ちの問題だけでなく、身体のコンディションとしても外に出づらくなってしまいますので、まずはカーテンを開けたり、他者とコミュニケーションをとったりしていきましょう。

東京の引きこもり支援なら【清水竜志のひきこもり支援サービス】~仲間と一緒に問題解決を目指す~

東京の引きこもり支援なら【清水竜志のひきこもり支援サービス】~仲間と一緒に問題解決を目指す~

東京で引きこもり支援・問題の解決をお考えなら、【清水竜志のひきこもり支援サービス】をご利用ください。東京・埼玉にお住まいの18歳~40歳くらいの男性を対象に、ご自宅を訪問して引きこもり支援を行っています。

そこから親密な信頼関係を築いていき、「仲間」として一緒に社会に出られるよう全力でサポートいたします。支援のご相談は電話・メールから受けつけていますので、東京・埼玉で引きこもり支援をお探しの方は、お気軽に【清水竜志のひきこもり支援サービス】へご連絡ください。

東京・埼玉で引きこもりにお悩みなら【清水竜志のひきこもり支援サービス】へ

東京で引きこもり支援を行う【清水竜志のひきこもり支援サービス】

サイト名 清水竜志のひきこもり支援サービス
TEL 090-6103-6434
受付時間 24時間受付(火曜定休)
URL https://shimizu-ryuji.com/

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら