ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホーム ≫ 書籍のご案内 ≫

書籍のご案内

退屈ですか?孤独ですか?やりたいこと、見つかりましたか?~「不幸」の本質と「理屈」という思想~

退屈ですか?孤独ですか?やりたいこと、見つかりましたか?~「不幸」の本質と「理屈」という思想~ 著書ひきこもり支援相談士清水竜志

著者からのコメント

清水がまだ「思想家」という社会的立場が見出せずに、健気に「作家」を目指していた頃、苦しみ抜きながら思慮・思索の末書きあげた書籍デビュー作です。

現代社会における「不幸」を「理屈」という思想を用いて、問題の本質を明らかにした現代思想の書。

「タイクツ」「ケンジツ」「アタリマエ」などのキーワードを駆使して、「なぜ現代の若者は夢を持てないのか」、「なぜこんなにも不幸を感じるのか」等の問題に正面から「理屈という思想」で立ち向かう。

あぁお金~夢を持てない若者と不幸の真理~

あぁお金~夢を持てない若者と不幸の真理~著書ひきこもり支援相談士清水竜志

著者からのコメント

内容は「退屈ですか?孤独ですか?やりたいこと、見つかりましたか?」のリメイク版です。

ありふれた物語・小説を書く「作家」を諦め、「思想家・清水竜志」として再出発した書籍。

「お金が欲しい人」をターゲットにし、かつ清水の思想も広げようと試みた作品です。

「従順のすすめ」~開かれた未来へ通じる至極の10の思想~

従順のすすめ~開かれた未来へ通じる至極の10の思想~著書ひきこもり支援相談士清水竜志

著者からのコメント

「好きとは何か」から始まり、学業・学歴とは何か、お金とは何か、ストレスとは何か、宗教とは何か、個性とは何か、若者の品格とは何か、競争とは何か、死とは何か、そして最後に「人間とは何か」で終わる、今の時代の最先端の現代思想の書。

「思想家・清水竜志」が追求した至極の思想がギュッと詰まった、今の複雑な社会の在り方・人生を如実にした至極の思想の書籍です。おまけの小説、「従順になれない蟻」も収録しています。

「従順のすすめ廉価版」~開かれた未来へ通じる至極の10の思想~

従順のすすめ廉価版~開かれた未来へ通じる至極の10の思想~著書ひきこもり支援相談士清水竜志

著者からのコメント

「従順のすすめ」の廉価版です。 内容はそのままに、ページ数を抑えて原書の「従順のすすめ」を低価格にしました。

開かれた未来への旅立ち。その煌びやかな運命のために、混迷する現代社会を生き抜く指針となる現代思想の書。

「我々は成功するために従順になるのではなく、従順になる事自体が成功なのだ。」

インフラ人間: ある時、自分がインフラの一部になっていると気付いてしまった雑多な男の話

清水は加奈との「性活」のために、埼玉の坂戸にある新聞販売店で嫌々ながらも働いている。高校を中退した清水にとっては、この仕事をする以外に道は無い。気の合う同僚の桑原さんとのやりとりの中で、次第に自分の夢を見つけ、インフラ人間からの脱出を試みる。

選別 ~せんべつ~: 「まい」と「カズ」と「選別された運命」

ある時、竜志は夢の中で神様からお告げを聞く。「増え過ぎた人類を選別しなければならない」と。特に冴えない生活を送っていた半端者の竜志には何の事か分からなかったが、「選別された運命」が次期に自分の身に降りかかり、そのお告げの真意を知る事になる。出会い系サイトで知り合った最愛の「まい」との出会い、親友で人生のライバル「カズ」の存在、イマドキの若者の人生をリアルに描写したシリアスな人間ドラマ。

退屈する虫: 不自由で些末な男の愚かで不条理な一日

竜志はどうでもいいろくでもない職場で働いている。しかし高校中退の竜志にとっては、この仕事をする以外にやりたいことが分からない。雑多で陰惨な仕事、無能で杜撰な上司、やる気の無い同僚に辟易としながらも、自分の身を立てる事を諦めきれない竜志。様々な葛藤を抱えながらも暗中模索をし、ある時救いの真理に到達する。

ひきこもり支援サービスのご相談・お問い合わせはこちら

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら