ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホームブログページ ≫ 小さな成功体験の積み重ねっ☆ ≫

小さな成功体験の積み重ねっ☆

g-06-02

どうも、こんばんわっ☆

ひきこもり支援相談士の清水竜志ですっ☆

もう年の瀬、2018年ももう終わりですね~。

時の移り変わりとは何故こんなにも早く感じるのでしょうか・・・。

さて、今日は「成功体験」のお話です。

私達の人生は「成功体験」を無くして語ることは出来ません。

なぜなら、私たち人間は、「前向きでいる事」でしか「自己」を形成出来ないように出来ているからです。

人間には「精神」というものがあり、「精神」は「想像力」を作り出します。

故に、自分の未来・将来がより良いものだと考える事が出来なければ、今に力を出すことは叶わないのです。

ですから、何かの物事を成して、上手くいった成功体験が無ければ、より良い人生を形成する事は出来ない、というわけなのです。

しかしながら、「何かを成して成功を得る」という手順が踏める事は稀であります。

というのも、日ごろの生活における幸福には、我々は直ぐ慣れてしまうものではないでしょうか?と思うのです。

よく考えてみれば、近所のスーパーに行って、夕食の食材を買い、家で調理し、召し上がる、という行為は、つまるところ極限の幸福であると私はそう思います。

つまり、よく考えてみれば分かる事ですが、原始時代に食べ物にありつくなんていう事は、間違いなく高度な喜びであったはずです。

文明が進歩し、社会・経済が発展し、様々な問題・困難を乗り越えて創意工夫し、ようやく「近所にスーパーがある」、「スーパーで新鮮な魚が買える」、「マイホームがある」、「口と舌と歯と食道と胃があって美味しく食事が出来る」、というような事が起こるわけです。

つまり、私たちの現在の豊かな生活というのは、一朝一夕には成立しておらず、とても幸運で有難い幸福であるのです。

しかし私たちは、理屈でこの事を理解しても、「慣れ」には勝てないように出来ているわけです。

なんでかと言うと、人間は未来を創造・想像しなければならないように出来ているからです。

であれば、現状には直ぐに適応して、「今の有難みには直ぐ慣れなければならない」、という事が起こるわけです。

ですから、さらに幸福を追求したり、生活をもっとより便利にしたり、新しい教えや考えを勉強したり、する事が必要なのです。

はい、そして話は戻りますが、ここに「成功体験」というものがあるといいと思われます。

日頃の生活に慣れ、さらに自己の欲望を膨らませる・・・。

人間は欲深いですね~・・・。

そんな事は分かり切った事ですが、「失敗体験」は不幸なわけですよね。

失敗とは「損失」です。

誰も自分の抱く事や持っているものを損失などしたくはない筈ですよね。

だから、失敗の反対、つまり「成功」ですが、これを皆誰しもが望むわけです。

なぜなら、初めに言いましたが、人間には「想像力」と「精神」があるからです。

想像力と精神は「より良い未来」を創ろうとします。

簡単な話、「そうゆう風に出来ている」、という事です。

何故か。

それは進化の過程でそうなった、としか考えられませんね。

神様でもあるまいし・・・。

話は逸れましたが、成功体験を積み重ねる事が人生の醍醐味であります。

・・・これは常識です。

しかし、「大きな幸福」「大きな成功」は、なかなかあり得ません。

なぜかというと、そうゆうものだからです。笑

大きな幸福、大きな成功はなかなか無い・・・、であれば、「小さな成功体験」ならば「有難み」と「感謝の気持ち」があれば、「不幸な慣れ」を克服できるのではないかと思います。

ひきこもりの問題も正にこうゆう事なんではないかと思うのです。

何年も自分の部屋に閉じこもって、友人もいないし、知り合いとも付き合わない・・・、これがひきこもりの問題です。

私はひきこもりは、人との関わりがあれば治ると思っています。

人との関わりには「見栄」と「欲」が発生します。

「もっとカッコよくなろう」とか、「もっと勉強しよう」とか、「友人ともっと仲良くなろう」、「もっと面白くなろう」みたいな事が、人付き合いには起こります。

なぜかというと、やはり人間には「プライド」と「探求心」、そして「向上心」があるからでしょう。

「見栄」から始まって、収入を得たいと思い、働いて欲しいものを買ったり、楽しい事にお金を使う。

こうゆう手順が好ましいですよね。

そうするうちに、ひきこもっていた時に忘れた「自信」を取り戻して、自分の力で社会に適応するように振舞えるようになるはずです。

とにもかくにも、ひきこもりからの回復・復活にも成功体験が必要なのではないかと思います。

外出する、趣味を持つ、仕事を探す、SNSをやる等、なんでもいいですが、自分の将来・未来につながる事を興じれば、それはひきこもりの人にとっては大きな成功体験になると言えるのです。

ですから、ひきこもりの人に限らず、私たち人間にとっては「成功体験」が大事なのです。

人生は一度きり、やりたい事を見つけ、やりたい事をやり切ってから死にたいものですよね~。おしまい

2018年12月10日 22:27

コメント一覧

  • oIWbQiURdDtK

    jYtVnTpuvaAlhNZ

    MLtevEGljaxCOmh 2019年11月19日 16:10
  • uQezCcaqrPiJyjwW

    GsZbfdcjuHwBM

    ekjSdqgWuTwVpY 2019年11月19日 16:10

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら