ひきこもり支援相談士清水竜志のひきこもり支援グッドフェローズ計画

ホームブログページ ≫ ひきこもりは「気の合う仲間」が集まれば治りますっ☆ ≫

ひきこもりは「気の合う仲間」が集まれば治りますっ☆

SANY0333

どうもこんにちわっ☆ひきこもり支援相談士の清水竜志ですっ☆

今日は埼玉とてもいい天気ですっ☆

ちょっと風が強いですが、とてもカラッとしていて暑くも無く過ごしやすいお天気ですっ☆

さて、今回の記事は「仲間が集まればひきこもりは治る」というものです。

私の持論というか、もはや確信とも言えますが、実のある冒険をするためには「仲間」が必要なのです。

なぜ「仲間」が必要なのか?と言うと、やはり、どんなに凄い冒険テクニックを持っている人でも、成功のための一つの分野の専門家には、その分野では勝てないわけです。当たり前ですよね。

だから、プロフェッショナルというわけではありませんが、人格の違う、しかも気の合う優秀な同志を何人か集める事によって、冒険の質が上がり、幅が広がるわけです。(漫画のワンピースがいい例です)

しかし、人数が多すぎるのも十分な管理が出来なくなるので、ほどほどの「少数精鋭」みたいな感じが好ましいと思われます。(ワンピースでもそうです)

だから私は「ひきこもりの人」と「元ひきこもりの人」のマッチングを思いつきました。

ある程度長期のひきこもり経験の人というのは、ひきこもり界のプロなわけです。

誰もが望んでひきこもりに陥るわけではない筈ですが、様々な理由からなぜかひきこもってしまった人が「元ひきこもり」です。

そして、私清水竜志も元ひきこもりであります。

だから分かるのです。気持ちというか心持ちというか彼らに強いられた境遇が・・・。

ですので、「自身のひきこもりの経験」を生かして、「他のひきこもりの人を助ける」という事、「それを仕事をする」事が可能になるわけです。

それが私は「ひきこもり支援相談士」の本当の社会的役割だと思っています。

そして私はひきこもりの事を勉強し、これを正式に自分の事業にしようと思い立ちました。

人生は紛れも無く「冒険」です。

特に昨今は、価値観やトレンドなんかが国際化・多様化していて、一人の人間のニーズが本当に複雑になって来ています。

だから、人は迷わないように「信仰」を求めるのですが、宗教は日本人にはあまり馴染まないのではないかと思うのです。

ひきこもりになる人に信仰の対象があれば、一人で悩まずにみんなの「悟り」や「信仰心」に従って行動し続ければいいのですが、やはり神様はおりませんし、我執を捨てるためのお祈りをする習慣もなかなか難しい所であります。

ですから、信仰心が持てない人は、とりあえず「人生の成功」を夢見て人は働くのですが、「働く事」や「遊ぶ事」は価値観が複雑な今の時代、ちょっと大袈裟ですが「大冒険」と同じ事なんではないのかな?と私は思うのです。

仲間を集め、船を準備して、物資を積み込んで、風を受け、大海原を一直線に突き進む・・・。

時に荒波にもまれ、時に新天地が見えずに食糧難・水不足に見舞われたりしながらも、困難があれば仲間と共に励まし合い、時に精神的な苦痛などの痛みを分かち合いながら、それでも前へ進む。現代社会という名の大海原を航海・冒険する以上は、幸か不幸か舵を取る以外に道は無いわけですから、これが正に人生と同じ事、「大冒険」が人生なのでは、と私は考えています。

私清水竜志はひきこもり解決のプロフェッショナルです。

今、ひきこもっている人がこのブログを見たら是非コメントください。

「いきなり仲間になろう!」というのはあまりに冒険漫画的なので、とりあえずスタバやマックでブレイクしながら、ひきこもりについて語りませんか?

また、ひきこもりの息子さんを抱えたお父様、お母様、是非ご連絡ください。私に任せてもらえれば解決の糸口は必ず見えてきます。

ひきこもりは「気の合う仲間」が集まれば治りますっ☆間違いありません!!

清水竜志でしたっ☆おしまい

2018年05月19日 16:58

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

カウンセリング無料
090-6103-6434

24時間受付(火曜定休)

モバイルサイト

ひきこもり支援相談士|清水竜志の大人のひきこもり支援サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら